医療脱毛は綺麗?

綺麗

安全面が高いとして人気があるムダ毛処理方法が、医療脱毛です。クリニックで行っている方法が医療脱毛で、もし万が一トラブルが発生してしまっても、その場で治療をしてもらえるため、安心できます。更に治療に使われているレーザーを使用しているため、体に与える悪影響が少ないとして、安全面が高いです。ただ、気になるのが、レーザーは、照射範囲が狭いので、綺麗に処理することが難しいのではないかという点です。

脱毛の違い

ではクリニックの脱毛は、満足できる処理をしてもらえるのでしょうか。レーザーによる脱毛は、エステ店に比べてしまうと照射範囲が狭いので、処理残しが発生する可能性は高いです。しかし、十分満足できる施術を受けることができ、綺麗な脱毛をしてもらうことができます。クリニックでは、処理残しが発生しないように注意しながら施術をしています。

ただ、その分時間が必要としてしまうため、範囲が狭い部位だとしても1時間以上かかってしまうこともあります。時間に余裕がない人にとって辛いデメリットになるけれども、しかし満足できる処理なのかどうかの部分ではエステ店に比べて大きな違いがでているわけではありません。エステ店とクリニックでは、異なるデメリットがありますので、自分に合う方を選ぶようにしてください。

医療脱毛と保護テープ

テープ

医療レーザー脱毛を受ける際に、目立つほくろなどがある場合、保護テープでその箇所を保護して施術をします。薄い小さなほくろであれば問題はないですが、大きくて目立つようなものは、皮膚への刺激が強くなってしまうとか、皮膚へのマイナスの影響も考えられます。レーザーは黒い色素に対して反応をするため、立体的な大きなほくろともなると、その黒さにレーザーが反応をすることになります。

目立つほどのほくろなどは、皮膚のやけどとなることもあるので、その箇所は避けて照射になります。皮膚に傷があるとか、目立つ何かしらの疾患がある場合も、その箇所は避けての照射をするので、その時には保護テープが大活躍です。目立ちにくい、小さくて薄いほくろであれば、そのままレーザー照射をすることで、ほくろが薄くなります。

VIO

黒色に反応をするので、ほくろを薄くして消したいならば、そのまま照射をすると薄くなります。小さなほくろに限りますが、レーザーは脱毛の効果だけではなく、黒色への反応という特異性があるので、毛の黒さだけではなく、皮膚の黒さにもこうした反応を示すことになります。施術をするスタッフも、ほくろを見つけたら、そこにレーザーを照射するか、大体は聞いてくれます。